マイク入力の音量を用いてオブジェクトを呼び出すサンプル【Tips】

ども、ゴコーです。

以前、いくつかの会場に分かれてマイクに向けて大声を出し、その声量を使ってちょっとしたゲームをするという企画に誘われてました。

会場同士の同期は Photon を使えばいいだろう、とか思いながら

http://www.kaappine.fi/tutorials/using-microphone-input-in-unity3d/

↑のサイトを参考に進めていたのですが、結局企画はお蔵入りになり、開発もやめてました。

今回は、その時作ったものを元に改善した(つもりの)サンプルを公開しますー。

デモ:https://db.tt/RDkEEfeN

プロジェクトファイル:http://unity-michi.lolipop.jp/Samples/MicPlatformer.zip

コード:

MicInput.cs:入力を受け取るクラス

ObjectSpawner.cs:

オブジェクトを生成します。
生成タイプには、キューブ、球、自由設定があります。

コメントが全てを物語る感じにしてみました。

しいて書くなら、オブジェクトの取得は  GameObject.FindObjectOfType() よりも  GameObject.FindGameObjectWithTag() を使った方が早いです。このスクリプトではありえませんが、オブジェクトを大量に呼び出す時があれば覚えておいた方が良いかもしれません。

今回は呼び出すだけでしたが、次回はマイク入力を簡単なゲームに活かしてみます!

では、また。

Comments

comments

スポンサーリンク
336*280px
336*280px

フォローする

スポンサーリンク
336*280px