アンチエイリアスの効果【UUJ】

UnityのEdit>Project Setting>Qualityの内部にありますAntiAliasingの項目で4xMulti Sampling以上に設定すると多少は効果は得られるのかな?といった感じで設定しビルドしたのですが、効いているのかが得られずものになってしまいました。ImageEffectで対応をしてみましたが案の定アンチエイリアス関連なので処理が重くなるという結果でした。何か少しでも改善できそうな提案やアドバイス頂けましたら幸いです。

環境:Win7 
Unity4.3.4(Pro)/iOS Pro/Android Pro使用
ビルド先:ipad mini/iPod touch(16GB)/iPhone5

手持ちのiPhone4Sでユニティちゃんに4xMulti Sampling AAをかけてみたら髪の毛のギザギザがなくなったので効いてるんじゃないですかね。iOSやAndroidだとデフォルトではSimpleのクオリティレベルになっていますが、Simpleの設定でMSAAを有効にしましたか?

ご返信ありがとうございます。Simpleにチェック項目ですね。
念のためにSimple以外のものは捨ててみたりなんらか改善できないか試してみたいと思います。


Qualityの設定のアンチエイリアスは最終的なフレームバッファに対してのみかかるので、もし他にImageEffectを使っていたり、RenderTextureにレンダリングしたものを貼り付けていたりしてるとアンチエイリアスはかからないんじゃないかと思います。その場合はRenderTextureにantiAliasingというプロパティがあるのでそこで設定できそうです。

再度設定させてみたところ上手く反映されました!
すみません。お手数おかけいたしました。
【原因】:Run時に”fastest”が優先的に反映されていたので”Simple”にのみチェック変更したら問題解決となりました。

Comments

comments

スポンサーリンク
336*280px